クラブ活動

弓道部 活動報告

2017/4/1

弓道部はこの3月に、埼玉県で開催された東日本大会、そして山梨県で開催された近県対抗弓道大会に出場しました。

 

3月18日より20日にかけて開かれた東日本大会では、都大会を勝ち抜いて今大会の出場権を獲得した男子チームが出場しました。

残念ながら惜しくも予選敗退となりましたが、関東以北の都道県を勝ち抜いてきた強豪校と戦ったことは、選手にとっては貴重な経験となりました。

 

3月25日、26日に開催された近県対抗弓道大会は、関東地区の強豪校が招待され、多く出場するハイレベルな大会です。本校は、女子の2チームが決勝トーナメントに進出しましたが、残念ながら一回戦、二回戦での敗退となりました。

 

 

続く27日より、長野県の湯田中渋温泉郷において、4泊5日の春期合宿を行いました。

 

二年生にとっては今回が最後の合宿。射技においても、稽古への姿勢においても一年生の良き手本となり、リーダーシップを発揮していました。また一年生の成長も大変めざましく、的中では二年生を脅かす結果を出していました。

 

また、弓道部の合宿では必ず『百射会』を行っております。一日に100射引き、その的中数を競うものです。最も的中した射手は『矢頭』と呼ばれます。

今回の矢頭は、次の2名でした。

 

男子矢頭 柳田 健太  82中

女子矢頭 浅沼 幸恵  76中

 

部員は皆、雪も残る厳しい寒さにも負けず、団結して充実した稽古を重ね、手応えのある5日間を過ごすことができました。

 

合宿で掴んだものを活かし、東日本大会、近県対抗弓道大会での悔しさを力に変え、次なる関東大会やインターハイの出場を目指して部員一同、頑張っていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

弓道部一同

| 一覧ページ |
ページトップへ