トップページ > 國學院の学び > 学校長あいさつ

教育目標「三楽」

・誠実で明朗かつ健康で感謝して日々の生活を楽しむこと・人を敬愛し平和で民主的な社会生活を楽しむこと・自由と責任を弁わきまえ自主的な生活を楽しむこと

学校長あいさつ

学校長 津田 栄
校舎

本校の母体は、國學院大學であり、國學院大學の前身である皇典講究所は、明治15 年(1882 年)に現在の千代田区飯田橋に創設されました。開校式において、初代総裁の有栖川宮幟仁親王が述べられた「告諭」の中で教育の根本として示された『国體の講明( 国の成り立ちと国の在り方を知り、国の将来の進むべき道を明らかにすること)』と『徳性の涵養( 国民の一人ひとりが古代から伝わる道徳心を理解して、身につけること)』の二つが國學院大學および本校の建学の精神として、今日までしっかりと受け継がれています。第二次世界大戦後の日本では、学制の改革が行われました。それまでは、大学には予科がありましたが、改革により予科が廃止されると共に予科の使命を継承して、昭和23 年4 月に國學院大學の構内に本校が開校されました。その後、新宿区下落合に移転しましたが、昭和31 年(1956年)より神宮外苑の現在地に移転しました。以来、本校は建学の精神を中心に据え、日頃の教育を実践しています。また、生徒一人ひとりが学問・スポーツ・芸術等の素晴らしさを知り、自らの決めた目標を達成できるように支援しています。さらに、人格形成に重点を置き、将来は立派な社会人となるように指導しています。

 

 

 

沿革はこちら>>
ページトップへ