トップページ > 國學院の学び > 学習指導

高校からの全員同時スタートフォロー体制も充実

入試部長 幸松世剛教諭

それぞれの成績に合った学習指導により確かなレベルアップと志望校合格を目指します。

本校は、ほとんどの生徒が首都圏の難関大学を目指す進学校です。高校生が実力を伸ばすには何より本人が自主的に学習することが重要ですが、本校では高いレベルの授業や進学講習は言うまでもなく、それに加えて、大学の学部・学科やキャリアについて学ぶ時間を設け、さらには担任がきめ細かなカウンセリングを行うなど、学習のモチベーションを向上させる体制がしっかり整っています。その結果、高い現役進学率を維持し続けています。また、多くの大学からの指定校推薦枠のほか、國學院大學各学部への推薦制度といった、付属校としてのメリットもあり、生徒たちは進学面で恵まれた環境にあると言えます。3 年後には皆さん自身が悔いのない進路を実現する番です。「國學院なら進学は大丈夫」です。

3年間の流れ

1年次、第1学年主任 及川厚教諭。2年次、第2学年主任 杉田隆時教諭。3年次、第3学年主任 丸岡初枝教諭

大きな希望と少しの不安を胸に入学してくる新入生の高校生活は、春の新入生研修で高校生としての自覚と自信を持つことから始まります。日々の学習では「予習→授業→復習」のパターンを確立させることに主眼を置き、小テストなども継続的に実施しながら基礎学力の充実に努めています。さらに、文系・理系どちらの科目も幅広く学習することにより、自分の興味・適正を正しく理解し、将来の目標を見きわめながら、2年次に自分に合ったコースを無理なく選択できるようになっています。また、勉強だけでは得られない充実した高校生活となるよう、クラブ活動や多くの学校行事に積極的に参加することも奨励しています。

高校で出会った友人との結びつきも深まり、クラブや行事など様々な場面で学校の中心となり活躍する2年生は、学習面でも充実した日々を過ごすことになります。文系・理系、さらにチャレンジクラスに分かれたクラス編成で専門的な勉強をスタートさせ、英語と数学の一部ではグレード別クラスを設定し、各自の学力に合った授業を受けられるようになっています。そして、2年生にとって勉強やクラブ活動と同様に大切なのが修学旅行です。この、高校生活最大の行事で得た多くの経験や友人との楽しい思い出を心の糧として、生徒たちはそれ以降勉強のペースを上げ、各自の進路実現に向かって進んでいくことになります。

心身ともに成長した3 年生の、高校生活の締めくくりは進路実現です。すでに始まっている専門的な勉強は、さらにレベルを上げ、多くの科目で入試問題の演習が中心になります。また、選択講座や様々な講習を実施し、個々の必要に応じて学習を深めることができるようになっています。さらに、担任による個人面談等を実施し、各自が自信を持って最適な進路に進んでいけるようサポートしています。そして最も大切なのが全体の進路に向かう雰囲気です。推薦で進学する者も一般受験をする者も、進路実現という同じ目標を持った仲間として激励し合い夢を実現させていく雰囲気、これが3年生を支える大きな力になるのです。

学習指導の特色

チャレンジクラス

チャレンジクラス

2・3年次で難関大学合格を目指すチャレンジクラスを設置し、受験科目すべてにおいて生徒の学力にあった授業を行います。

補習授業

補習授業

教科によっては夏季・冬季休暇の時間を活用した短期講習を開いています。基礎から応用まで授業では扱わなかった内容を補います。

グレード別授業

グレード別授業

達成度に差のつく2年次より、生徒の学力に合わせた授業を行うため、英語や数学のグレード別授業を行っています。

クラブ活動への参加奨励

クラブ活動への参加奨励

クラブ活動は生徒の成長にとって大切なもので、学校としては大いに奨励しています。1年生のクラブ活動加入率は、例年80%程度です。

基礎・基本の徹底

基礎・基本の徹底

どの教科も、まずは基礎・基本を身につけることから始めます。小テストを活用するなど、きめ細やかな指導で生徒の実力を伸ばします。

國學院の英語教育
國學院の英語教育

國學院高校では世界で活躍する人材育成を目指し、様々な取り組みを行っています。1年次ではネイティブ講師による英会話授業があり、コミュニカティブな指導にも力を入れています。2年次からは習熟度別授業が始まり、
3年次ではそれを細分化し、個々のレベルに合わせた少人数制授業を行っています。その他、英語検定テスト、オーストラリア海外語学研修、国内英語研修の実施等、モチベーションを高めるプログラムも用意しています。
3年間を通して、大学受験に対応できる知識とともに、国際社会に対応できる英語の運用力や自己表現力を総合的に身につけていきます。

カリキュラムはこちら>>
ページトップへ