トップページ > 國學院の学び > 沿革

沿革(國學院の成り立ち)

國學院大學設立の告諭

國學院大學設立の告諭

学校長 宮舘 毅

有栖川宮幟仁親王

明治10年頃、政府内から日本の古典・礼式の研究を目的とした皇典講究所設立の要望が強くなされた。その時、明治天皇は、その動きをよろこばれ、その聖旨により、最も信頼をおいていた歌道の師、有栖川宮幟仁親王をその総裁に任命された。

明治15年
國學院大學の母体である皇典講究所が現千代田区飯田橋に創設
明治23年
皇典講究所内に國學院が設立
明治39年
私立國學院大學と改称
大正8年
國學院大學と改称
大正9年
大学令により大学に昇格
大正12年
國學院大學、渋谷区の現在地に移転
昭和23年
國學院高等学校開校
昭和24年
本校、渋谷より新宿区下落合に移転
昭和31年
本校、神宮外苑の現在地に移転
昭和38年
文科館竣工
昭和39年
理科館竣工
昭和41年
長野県軽井沢に厚生寮沓掛山荘開設
昭和57年
國學院大學創立百周年記念式典・祝賀会挙行
平成10年
開校50周年記念式典挙行
平成20年
開校60周年記念式典挙行
学習指導はこちら>>
ページトップへ