國高diary
新着情報

新着情報
2018/9/27

2018年度 文化祭

9月22日(土)~24日(月)、3日間にわたる文化祭が行なわれました。

本年度のテーマは「百花繚乱」。1600名を超える生徒たちが、クラスやクラブなどでそれぞれの個性を華やかに表現する姿をよくあらわしたものとなっています。1・2年生は劇やゲーム、3年生はお化け屋敷・模擬店・縁日といった出し物をクラスで準備し、それぞれ工夫を凝らした内容に仕上げていました。開催と同時に各クラスやクラブの発表には行列ができ、慣れない案内におもてなしが行き届かないところもあったかと思いますが、生徒たちはみんな一生懸命でした。校内のいたるところが笑顔であふれ、活気に満ちた文化祭となりました。

 

最終日、校庭で行われた閉祭式では「KTC(國高Tシャツコレクション)」や、クラスの出し物ごとの投票結果が発表されました。

発表の瞬間は歓喜の声。クラスで協力して準備をしてきた努力が実り、喜びを爆発させていました。残念ながら選ばれなかったクラスが、受賞したクラスを拍手でたたえる姿も印象的でした。閉祭式のあとはクラス毎に記念撮影。おそろいのクラスTシャツでの写真は一生の想い出となったことでしょう。

 

また、文化祭は卒業生が集う場でもあります。卒業してずいぶん経つはずなのに、あのころの記憶がつい先日のように感じてほっとしたり、大きくたくましく成長した姿を見て、まだまだ頑張らなければと元気をもらったりしています。懐かしい顔ぶれとの久しぶりの再会は教員にとって大きな喜びの瞬間でもあります。来年もまた遊びに来てくださいね。

 

本年度は9963名もの方々に足をお運びいただき、大いに盛り上がる文化祭となりました。ご来場ありがとうございました。

この文化祭を運営した生徒会執行部の生徒たちは裏方としてこの文化祭を支え、また表舞台に立って全校生徒を引っ張ってくれました。もちろんまだまだ至らない点はあったかと思いますが、彼らの協力なくしてこの文化祭を開催することはできませんでした。本当にお疲れ様でした。そして素敵な文化祭にしてくれて本当にありがとう。

 

「開校70周年記念」「平成最後の文化祭」といった見出しが目を引きがちですが、生徒たちにとってはすべてのことが一度しかない大切な瞬間で、人生においてかけがえのない想い出となります。大切な仲間たちと過ごしたこのひとときを何よりも大切に、これからも前へと進んでいきましょう。