学習指導
國學院の学び

國學院の学び

3年間の学習の流れ

第1学年主任<br />
飯島 利一 教諭
1年次

第1学年主任
飯島 利一 教諭

高校生としての自覚と自信を持つこと

新入生の高校生活は、春の新入生研修で高校生としての自覚と自信を持つことから始まります。日々の学習習慣を確立させることに主眼を置き、小テストなども継続的に実施しながら基礎学力の充実に努めています。また、クラブ活動や多くの学校行事に積極的に参加することも奨励しています。

第2学年主任<br />
及川 厚 教諭
2年次

第2学年主任
及川 厚 教諭

修学旅行後に本格化する志望校選択

様々な場面で学校の中心となって活躍する2年生は、学習面でも充実した日々を過ごすことになります。文系でチャレンジクラスが設置されるほか、英語と数学の一部門ではグレード別授業が始まります。そして、高校生活最大の行事である修学旅行で得た多くの経験や思い出を心の糧として、生徒たちは各自の進路実現に向かって進んでいくことになります。

第3学年主任<br />
杉田 隆時 教諭
3年次

第3学年主任
杉田 隆時 教諭

進路実現に向けて互いに支え合う雰囲気

心身ともに成長した3年生の、高校生活の締めくくりは進路実現です。選択講座や様々な講習を実施し、個々の必要に応じて力をつけることができるようになっています。推薦で進学する者も一般受験をする者も、進路実現という同じ目標を持った仲間として激励し合い夢を実現させていく雰囲気、これが3年生を支える大きな力になるのです。

コース制・チャレンジクラス

併設の中学を持たない本校では、1年次は全員が共通カリキュラムで学習し、基礎力を養います。2年次からは、文・理いずれかのコースを選び、自分の希望進路に沿った学習内容となります。例年、男子の約40%、女子の約20%が理系を選択しています。また文系では、難関大学進学を志す「チャレンジクラス」を2・3年次に設置し、ハイレベルな受験指導を行っています。

選択講座 対象:3年生

平日の平常授業後は1 コマ50分の選択講座が設定されています。生徒は大学入試に向けてそれぞれ強化する必要がある科目を選んで受講します。講座の内容は、演習形式の実践的なものが中心となっています。どのような講座が設置されるかは年度によって異なります。

國學院の英語教育

国内&海外での研修を通じて、高い語学力と国際人としての感性を育みます。

国内での英語教育

英検受験・英検講習

目標は卒業までに全員が英検2級を取得すること。

社会のグローバル化が急速に進む中、英語教育改革は国を挙げての重要課題となっています。大学入試でも英検等の外部試験を入試に利用する大学が増加しており、4技能型の外部試験で大学の指定する基準をクリアすれば、入試において英語の個別試験が免除されることもあります。本校では、全員が卒業までに英検2級を取得することを目標に1・2年生の生徒に年3回(3年生の生徒に年1回)の受験を必須にしています。その対策として長期休暇中に外部講師による英検合格に向けた講習を年に6回実施し、これを必修としています。昨年度は多くの2級合格者を輩出し、中には準1級を取得した生徒もいました。

英語研修

生徒のニーズに合わせた国内研修。

英語研修は英語を通じて日本文化を発信することや、日本国内での国際交流を目指しています。過去にはネイティブの先生と宿泊施設で英語漬けの研修を行いました。日帰りや宿泊を伴う場合もあり、希望に応じてアレンジしていきます。Let’s enjoy!

4技能をバランスよく学習

 

長期休暇 英会話講習

長期休暇中、希望者を対象にネイティブ講師による少人数制(1クラス約10人)の英会話講習を実施しています。50分2コマの授業を5日間、夏と冬の年2回実施します。

2か国、4コースの海外語学研修

2か月短期留学

3年生を対象としたオーストラリア・カナダでの短期留学。

推薦等で進路を決定した3年生を対象に東京都の助成金制度を利用した2か月間の留学を実施しています(費用約100万円のうち半額を助成)。希望者全員が参加可能で、現地生徒と同じ授業に参加します。

語学学校での研修オーストラリア(シドニー)
カナダ(バンクーバー)

2年生対象、英語習得に特化したハイレベルな研修。

夏季休暇中約2週間、ホームステイをしながら現地語学学校に通い、ディスカッションやプレゼンテーションに必要な高度な英語力の習得を目指します。世界各国から集まった生徒たちと机を並べ、終日オールイングリッシュの授業を受けます。英語漬けの日々を送ることで、参加者の英語力は驚くほど上達します。

現地高校での研修オーストラリア(タウンズビル)
カナダ(アボッツフォード)

1年生対象、英語習得と異文化交流を目的とした研修。

夏季休暇中約2週間、ホームステイをしながら現地の高校で英会話授業に参加したり、現地生徒と交流するプログラムです。英語習得や異文化体験だけでなく、こちらから日本文化を積極的に紹介していく、双方向の交流を目指しています。希望者はほぼ全員が参加でき、今年度はオーストラリア70名、カナダ70名が参加します(1年生は約4人に1人が参加)。

オーストラリアの現地高校と姉妹校に

オーストラリア(タウンズビル)のウィリアム・ロス高校とは10年以上の交流があり、2015年、正式に姉妹校の提携を結びました。