卒業生紹介
國學院の学び

國學院の学び

MESSAGES FROM GRADUATES

Nakajinさん
56回生:平成16年卒
SEKAI NO OWARI (Sound Produce,Leader,Gt)

高校生活から得たたくさんのことの中で、1番大きかったのは「自分の未知の部分を知ることができた」ことだと思います。3年間バレーボール部に所属し、チームの仲間たちと試行錯誤しながら同じ目標に向かうその過程で、「自分は何が得意で何が苦手なのか?」「集団の中でどんな役割を担えば貢献できるのか?」などについてひたすらに考え、悩み、実行し、失敗したら対策を練って。そんな日々から浮き彫りになる新たな自分を知れたことが、今のSEKAI NO OWARIというチームでの活動に確実に生かされていると感じます。國學院高校は僕がそんな貴重な経験を存分に味わうための受け皿になってくれました。これから高校生になる皆さんも素敵なチームを組める仲間がきっと見つかるはずです。

さだまさしさん
23回生:昭和46年卒
シンガー・ソングライター

今だに高校時代の仲間と、集まっては酒を飲んでいる、と言ったってそうは驚くまいが、皆で集まるとき、当時の担任だった先生がいつも一緒だと言ったら、少しは驚くか。我々は、そういった、友人間の信頼というものを築くための努力を怠らなかった。そう。努力を惜しまなかった、という自負心がある。それは決して『譲る』ことや、『協調』だけではなく、最も大切な『共に楽しむ』というキーワードを、常に欠かさなかったからだ。『個人を尊重する』という表現は、その前に必ず『お互いに』を付けなくてはならない。卒業して四半世紀を経て、尚一緒に居られるというのは、幸福なことだと、その出会いに感謝している。

ふかわりょうさん
タレント

銀座線の渋谷駅で待ち合わせして、外苑前から歩く朝のひととき。慣れなかった革靴もいまでは、スニーカーのように柔らかくなっている。校舎の踊り場、下駄箱、校庭のゴムの感触。購買のおばちゃんはいつも甲高く、教室の後ろの黒板と休み時間の音。服装検査、頭髪検査、ベルトの色が違うと掴まれた朝も、職員室に呼び出された午後も。終業のチャイム、学ランの下の汗ばんだTシャツ。ベランダでずっと話していた放課後と、ぺしゃんこの鞄が揺れる、絵画館までの道のり。あのとき見た景色。あの頃の匂い。好きだったことも、嫌だったことも、時代がどんなに変わっても、僕の頭の中には、ずっとあの頃の「國高」があって。

佐藤康光さん
40回生:昭和63年卒
将棋棋士(九段)/日本将棋連盟会長

私は國學院高等学校に在学中、2年生の終わりに将棋のプロ棋士になりました。
6歳で将棋を覚え、中学生の時にプロ棋士を志し、早くから人生の目標を見つけていたことになります。一方で、色々なことを学び、様々な人との出会い、多くの友を作る。高校を卒業して30年が経ちましたが、学校での生活、友達との会話、文化祭や体育祭、修学旅行など様々な思い出が今でも蘇ります。視野を広げるという意味でも大きな3年間でした。
これから高校生活において様々な出来事があると思いますが、皆さんには無限の可能性があります。無駄とも思える部分も不思議と後々役に立つことも出てきます。楽しい時、苦しい時もありますが、良き人生の助走の部分として、充実した時間を過ごしてもらえればと思います。

諏訪部浩一さん
41回生:平成元年卒
東京大学准教授

これを読んでいる皆さんは、「高校に入ったら、こんなことをしよう」とか「こんな自分になってやろう」とか思っているのではないでしょうか。それでいいと思います。もちろん「自然体がいちばん」という「健全」な考え方もあるでしょうが、しかし成長とは背伸びをしてはじめて可能となるものでしょう。悔いのない毎日を送ろうと頑張る人だけが、いわば正しく後悔することができるといってもいいかもしれません。後悔のない人間に魅力などありませんし、まさにその意味において、高校での3年間は皆さんを「大人」にするのです―と、ここにはとても書けないことばかりしていて留年までしてしまった「不健全」な先輩としては、呟いてみたくなるのです。

石井啓二さん
14回生:昭和37年卒
本校同窓会長/株式会社 学士会館精養軒 元代表取締役社長

私が在学していた頃はまだ古い校舎で、現在のように立派な設備も整っていたわけではありませんが、毎日学校に通うことが本当に楽しみだったものです。良き師、良き友に恵まれ、幸せな高校時代を過ごすことができました。3年間で得た多くの出会いは、卒業後何十年を経た今でも、私の大切な支えとなっています。また、仲間と夢中になって学校生活を楽しむ國學院高校の伝統は、今日までしっかりと受け継がれているといえるでしょう。在校生諸君の活躍をみるにつけ、私はそのことをいつも嬉しく、誇らしく感じています。皆さんも國學院高校で、一生涯付き合える仲間と出会って下さい。

田口師永さん
46回生:平成6年卒
縄跳び師

夢が叶うことはすごく素敵なことです。「Cirque du Soleil」というカナダのサーカス会社にアーティストとして所属し、「QUIDAM」というショウで、なわとびの演目に13年間出演していました。世界中を旅して、国籍も人種も違う仲間と仕事をしたことは、貴重な経験です。その基礎には、器械体操がしたい、という思いで入学し、部活動に明け暮れる日々の中でも勉学とのバランスをうまく両立させ、今でも続く仲間や先生方との大切な出会いがあった高校時代があります。これがしたいという夢や想いを育み、それを実現させるためにはどうしたらいいのか、自分との対話を繰り返してください。それが未来へとつながっていきます。

藤井千春さん
29回生:昭和52年卒
早稲田大学教授 博士(教育学)

陸上競技部に所属し、放課後は外苑、赤坂離宮外周、代々木公園などを仲間と走り回っていました。インターハイや関東地区高校駅伝への出場を目指し、夏春休みは久我山高校と合同で練習や合宿も行いました。目標はあと一歩、到達できませんでしたが、3年生の秋まで全力でやり尽くしました。「根拠なき自信。それを埋め合わせる努力」。高校時代に高い目標を掲げて全力で努力した経験からは、その後の人生を切り開いていく上で大きな力を得ました。学術研究での発見への道も、高い目標を自ら掲げて全力で努力することによって拓かれます。努力は報われないかもしれません。しかし努力しなければ道は拓かれません。高校時代に目標を掲げて全力で努力することで、その後、自らの人生の道を誠実に拓いていくために必要とされる力が涵養されるのです。